新規製品部サイト

KY-100

SHIN-ETSU SUBELYN®
フッ素系防汚コーティング剤 KY-100シリーズ

KY-100シリーズは、フッ素変性有機基と反応性のシリル基を有するコーティング剤です。各種基材に極めて薄くコーティングすることにより、優れた表面機能を付与することができます。

KY-100シリーズの主な特長

防汚性
表面に滑らかなフッ素の皮膜を形成し、汚れが付着するのを防ぎます。
指紋の拭き取り性
通常ではなかなか落ちない指紋も、さっと拭き取れます。
撥水・撥油性
水や油の付着を防ぎ、基材の美しさを保ちます。
滑り性
優れた滑り性で、汚れを拭き取りやすくするだけでなく、表面を傷から守ります。
耐擦傷性
基材表面を傷から守ります。
超薄膜
基材の光学特性・質感を損ねることなく、防汚特性などを付与できます。

このページの先頭へ

皮膜形成機構

皮膜形成機構

このページの先頭へ

コーティングの効果を油性インクで実証

未処理

KY-164処理

このページの先頭へ

一般特性

項目 すべり性向上タイプ
X-71-195
耐UV向上タイプ
KY-1901
一般溶剤可溶タイプ
KY-108
粘度 25ºC 1.0 mm2/s 1.0 mm2/s 1.2 mm2/s
比重 25ºC 1.48 1.47 1.43
有効成分濃度 20 wt%
溶剤 Novec 7200
(3M社製)
希釈溶剤 フッ素系溶剤 フッ素系溶剤 一般溶剤
(IPE、ヘキサン、THFほか)


117 deg 116 deg 115 deg
オレイン酸 77 deg 76 deg 78 deg


オレイン酸 2 deg 2 deg 10 deg
剥離強度
N/19mm * 1
0.05 0.07 1.20


油性インク
はじき性
指紋
拭き取り性
動摩擦係数 * 2 0.03 0.03 0.3
耐スチールウール摩耗性 ×
耐アルカリ性
耐酸性
耐塩水性
耐UV性

◎:非常に優れている ○:優れている △:やや劣る ×:劣る

KY-1901 各種耐久性データ

測定条件

塗工方法:
浸漬塗工(10秒浸漬→150mm/min.引き上げ→硬化)
塗工濃度:
固形分0.2%(希釈溶剤 Novec 7200(3M社製))
塗工基材:
スライドガラス
硬化条件:
40ºC/80%RH 8h

*1:No.31B粘着テープ(日東電工社製、19mm幅)、20g/cm2 x 24h 圧着後、180°/300mm/min.剥離
*2:コットン不織布、荷重100gでの動摩擦係数(10mm x 35mm)

このページの先頭へ

使用方法

使用方法

真空蒸着法


スプレー法


ディップ法


※前処理および希釈濃度は技術カタログをご参照いただくか、当社までお問い合わせください。
 量産塗工機による塗工試験、加工先の紹介もできますので、ご相談ください。

このページの先頭へ

主な用途

無機系反射防止膜(SiO2)、ガラス、ハードコート膜などさまざまな基材の表面に滑らかなフッ素の皮膜を形成し、防汚、撥水・撥油、指紋付着防止、滑り性向上などを付与します。

  • 車載タッチパネル
  • ディスプレイ
  • 反射防止フィルム
  • ハードコートフィルム
  • 陶磁器
  • 電子部品
  • ガラス
  • ミラー

このページの先頭へ

取扱い上のご注意

このページの先頭へ

カタログダウンロード

新規製品部製品のカタログはこちらからダウンロードしていただくことができます。

お問い合わせ

新規製品部についてのご意見・ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください

詳しくはこちら

このページの先頭へ